子供が犬と仲良しになる

長女は、小さい頃少し喘息気味のところがありました。喘息ではないのですが、風邪をひいたり少し調子が悪くなるとひどい咳をしていました。私の妹は犬を飼いたがっていたのですが、私たちが帰省したときに長女が犬のせいでひどい咳をだしたりすると帰って来にくくなるということから、犬を飼うのを我慢していました。

ですが4歳になるとその咳もだいぶおさまり、とくにアレルギーもなかったので、妹は犬を飼い出しました。とても怖がりな長女の反応が楽しみで、犬がいることを伝えずに実家へ帰省しました。家に入るなり、聞き覚えのない鳴き声が聞こえてきてかなり驚いていました。

”ぷー”と呼ぶように教え、一緒に見に行こうと誘うと、「いやー!!!」と言っていました。怖がりながらも気になって仕方がないといった感じで、後ろから覗きこんだり、部屋の前で音だけ聞いてみたりと興味はあるようでした。私や妹や主人が触ってかわいがっているのを見ても警戒していました。

でもプーのほうは、遊んでほしくて仕方がないようで長女に向かって吠えたりしっぽをふっていました。2回目、3回目とプーもしつけられていき、むやみに吠えなくなりました。ただ、まだ赤ちゃんなので元気いっぱいで遊びのつもりでジャンプしてきたりします。それにとても怖がっていました。 赤ちゃんの1日の時間の過ごし方

私に「ねぇねぇ一緒にプーの近くに行こうよ。」「プー見たい。」と言うようにもなりました。ゲージの近くまで行けるようにもなりました。そのうち全く怖がらなくなりました。プーに手でお菓子をやったりできるようになりました。それを見て長女も恐る恐るですが、プーを触ることができるようになりました。ふつうなら頭の上から手を持ってこられると怖がって吠えたりするのに、同じようなことをしても全く吠えずにおとなしくしていました。今ではとても仲良しになっています。

ページのトップへ▲