おもちゃ王国は面白かった

近所の友人がゴールデンウィークに「おもちゃ王国行ってきた?!」という話をしているのを聞いた長女。すぐに私のところに来て、「次のお休み、おもちゃ王国行きたいよぉ?。」とダダをこねだしました。仕方がないので、数日後、主人と長女を連れておもちゃ王国へ行きました。

あいにく天気が悪く、外の乗り物には乗ることはできませんでした。ちょうど、長女から小学校低学年ぐらいの子が楽しめる乗り物がたくさんあって、長女も残念がっていました。ですが、施設の中にもたくさんのおもちゃがありました。女の子が喜ぶようなおもちゃがたくさんあり、夢中で遊び続けていました。

ドールハウスや、積み木、お店やさんごっこなどたくさんありました。とくにドールハウスが気に入ったようで、お人形さんの家の中に自分の気に入った家具をいろいろ並べて、自分のお気に入りの家をつくっていました。「ここにおいたら?」と少しでも口を挟むと、「もう!違うの!」とすごく怒られてしまいました。

自分のこだわりがあるらしく、家具の配置やインテリアにもかなり凝っているようでした。そこから全く動いてくれなかったので、主人は次女を連れて色々まわっていました。私はそんな様子を椅子に座って見守っていました。そのうち、同じ年令ぐらいの子が近づいてきました。

どうするのかなと見ていると、ちゃんとその子が欲しがった家具を渡していました。そして、2人で仲良く遊びだしました。人形を持って、ごっこあそびをはじめていました。お腹がすいているのも忘れるほど遊んでいました。「アイスクリーム食べようか!」という言葉につられてやっとその場を離れてご飯を食べてくれました。

ページのトップへ▲