子供の笑顔をたくさん見ることができた旅

自宅の近所に紅葉で有名なお寺があります。紅葉の季節になるとテレビ番組でも紹介されることも多く、去年は熊田曜子さんもロケに来られていました。ニュース番組でも紹介されたり、各観光会社がツアーをくむほどのところです。

地元の人も、仕事を休んでまでも紅葉の季節には観光に力をいれるぐらいです。私たちも紅葉がきれいなときに毎年家族で紅葉狩りにでかけています。ここのお寺で、保育園から座禅の練習に来たりしているので、子供もよく知っているところです。

長い階段をあがっていかなくてはいけないのですが、さすがとても元気で走るように駆け上がって行っていました。私たちが追いつくのを、きれいなもみじを探しながらいつも待ってくれています。真っ赤でちいさなもみじや、大きなもみじ、少し色がかわっているもみじなどを見つけては持ってきたビニル袋にいれていきます。

私たちが追いつくと「見て!こんなに集まった!」と嬉しそうに見ていました。「おててみたいやね。」と言うと、「ほんまや?!」とまじまじと見つめていました。上につくとお参りをして、鐘をつかせてもらいます。背が届かないので、主人が抱っこして鐘をつかせていました。

きれいな川が流れているところがあったり、本当に見事な景色でした。都会のほうから来られていた観光客に頼まれ、モデルになって写真撮影もしました。降りてくると、地元の人がひらいているお店が並んでいます。

地元のあまごの塩焼き、地元野菜のお漬物、地元の特産のワインなど、たくさんおいしいものが並んでいました。長女は大好物のあまごの塩焼きをほおばっていました。春は桜を見て、夏は川遊び、秋には紅葉狩り、冬は雪遊びと、季節をおもいっきり楽しんでいる子どもたちを見るととても幸せな気分になります。

ほんの少し前まで小さい赤ちゃんだったのが、一人で歩くようになって、毎日笑顔で微笑んでくれる子供を見ているとよかったと思います。

ページのトップへ▲